R5-CX

R5-CXが新登場

レインボーストライプのラインナップ用デザイン

Marianne VosとWout van Aertは、ナミュールからゾルダーまでのコースを疾走し、世界、ヨーロッパ、ナショナルと数々の選手権を2人で手にしてきました。そして、私たちは2人のフィードバックをもとに、世界チャンピオンの水準に合わせて、R5-CXを細部にこだわった完璧なモデルに作り上げたのです。R5-CXは現在のところプロのレーサー限定ですが、2022年夏には一般向けに販売される予定です。

ワールドカップで好成績

ウォータールーで快挙

R5-CXが北米ワールドカップのシーンでデビューを果たし、Marianne Vosはウォータールーでの快挙に続いてアイオワで優勝しました。そして今度は、オランダやベルギーの全国選手権をはじめ、ヨーロッパにおいてMarianne VosとWout van Aertのもとで13勝を成し遂げました。

2021~2022年優勝記録

Marianne Vos

オランダ選手権 - ルクフェン
UCIワールドカップ - ルクフェン
UCIワールドカップ - アイオワシティ
UCIワールドカップ - ウォータールー

2021~2022年優勝記録

Wout van Aert

ベルギー選手権 - ミッデルケルケ
X2O Trofee Herentals
X2O Trofee Baal - GP Sven Nys
X2O Trofee Loenhout - Azencross
Telenet Superprestige Heusden-Zolder
UCIワールドカップ - デンデルモンデ
UCIワールドカップ - ヴァル・ディ・ソーレ
Ethias Cross - Robotland Cyclocross Essen
Telenet Superprestige Boom

Cervélo R5-CXを乗りこなすWoutとMarianne
インスピレーションはR5から

結果はユニークなバイクに

当社にとって、クロスバイクはこれが初めてでないことはご存じかもしれません。2007年にR3クロスフレームを2モデル、Jonathan Pageのために作りました。彼はそのひとつに乗って、アメリカ人として初めてワールドカップの表彰台に上がったのです。 R3クロスと同様に、R5-CXは性能とデザインのほとんどをR5から受け継いでいますが、いくつか大きな違いがあります。 ハンドリングとフィットはこのモデル特有で、WoutとMarianneからのフィードバックを活かしています。そして、BBRightの非対称のカップはそのままにしましたが、 T47サイズの穴に入れるネジ式にしました。 当社にとっては珍しいやり方ではあるものの、標準のインボードとアウトボードのT47カップを使用しています。

あらゆる点で合格

究極のCXフレーム

D字型のシートポスト(ダブルクランプ、ストック付き)は、コンプライアンスの要件を満たすだけでなく、衝突時にサドルが前を向いているようにしてほしいというWoutとMarianneからの特別なリクエストでした。すべてのケーブルは内部を通っており、砂粒や水が入りにくいようにフレームは電子ドライブトレインとのみ互換性があります。泥だらけになる場合に備えて、十分なクリアランスを確保しています。また、51、54、56、58cmの4つのサイズを用意しました。