XENA、最上段へ返り咲き

Caroline Steffenの2018年初勝利 - かつ出産後初勝利 - はまた、アイアンマン70.3サンシャインコースト3回目の出場で3回目の優勝でもありました。
8/26/2018
Xena

息子Xanderを出産して8か月、Xenaという愛称で親しまれている、このスイス出身のCervéloアスリートは第2の故郷オーストラリア、ムールーラバの観衆の前で3連覇を果たしました。レース後、Xenaは「この街には友人がたくさんいます。彼らの前で素晴らしいタイムで3勝目を挙げられたということは特別なことです」とTrizoneに語りました。「全体的にとても気分が高揚しています。」 

3月のアイアンマン70.3ベトナムで3位、今月のアイアンマン70.3アジアパシフィック・チャンピオンシップで2位という成績を挙げたXenaが今回の自分のパフォーマンスに気分が高揚するのももっともです。Cervélo P5で達成した女性で最高のバイクスプリット2:16:49について、「スイムはショッキングでしたが、バイクライド、特に2回目のラップは大変良いものでした。」とXenaは コメントしました。このライドによりXenaはT2でトップ集団に入り、ランの初めでリードを奪った後はXenaが後ろを振り返ることはありませんでした。

Xenaのトータルタイム4:05:43が何かを指し示すのだとすれば、Xenaのプロのライバルたちが恐れを感じるのはもっともです。「調子が上がれば上がるほど、(レースを)楽しむことができるんです。」とXena。「調子を戻すのに8ヵ月かかったけれど、今ちょうどいい感じになっていると思います。昔は勝つことがすべてでしたが、今は勝つということは…ケーキの上に乗っているサクランボのようなものです。2位であっても息子のXanderは私のことを愛してくれます。だからいいんです。」

 

画像提供:STEF HANSON (WITSUP)