コナへの道:Ruedi Wild

2016年、2017年に21位、16位となったRuedi Wildは今年のアイアンマン世界チャンピオンシップで躍進を誓っています。
10/06/2018

世界を駆け巡るCerveloアスリート、Ruedi Wild。気候の穏やかなスイスに在住し、トレーニングを行っているにもかかわらず、コナのように暑く湿気の高い環境で能力を発揮する傾向が大変強いアスリートです。今年すでにアイアンマン70.3ドバイで表彰台に乗り、台湾、フィリピン、タイといった熱帯地域で勝利を収めています。

Ruediはまた、デンマークで開催された2018年ITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権で「私のトライアスロンのキャリアでもっとも輝かしい業績の一つ」と振り返る業績を達成します。「私は全力を出し切りました。」 とその銀メダルを獲得したパフォーマンスについて述べています。

アイアンマン70.3オーストリアで2位となったアルプスで数か月におよぶトレーニングを行った現在、Ruediは今年最高のステージでトップ10に食い込む準備をすでに整えています。