素晴らしい活動のための新しいペイント

CervéloはWounded Warriors Canadaバージョンのペイントを施したC5フレームセットを10台寄付し、6年におよぶBattlefield Bike Rideへのスポンサーシップを次のレベルに押し上げました。
07/15/2018
C5 BBR

カナダ軍を退役したTodd McGowanが最初にこのフレームセットのコレクターズ エディションを目にしたとき、1週間におよぶ2018 Battlefield BikeRideでボスニア・ヘルツェゴビナとクロアチアを通りゴール前の直線を走っているところでした。

総勢80名のサイクリストで構成された一群はすでに、クロアチア紛争中および紛争後にバルカン半島で従軍したToddのようなCAFのメンバーにとって非常に重要な多くの場所を通ってきていました。気持ちが高ぶったところで、このユニークなC5がお披露目されました。

「これはバイクフレーム以上のもので、そういったものとして本当に称えられる価値があります。」とTodd。「私の心からの称賛を表現する言葉が見つかりません。」

ですが、Cervéloとしては、感謝されるに値するのはToddとその仲間の退役軍人の皆さんなのです。CervéloのManaging Director、Robert de Jongeは「彼ら英雄は自分の命を犠牲にし、危険にさらしています。」と述べています。「ですから、Wounded Warriors Canadaへの支援はCervéloが繰り返し感謝の言葉を述べる方法なのですと述べる時はCervéloの社員全員を代表しているのです。」

 2012年以降毎年行っているように、CervéloはBattlefield Bike Rideをボランティアや高パフォーマンスのバイクを寄付してサポートしました。ですが、2018年は異なる年になりました。寄付された10台のC5フレームセットはカスタムデザインされ、資金調達側の使命と、資金調達で支援するヒーローたち - つまり病気やケガのカナダ軍人、退役軍人、第一対応者とその家族 - 双方を称えています。

最初のC5フレームセットは1週間におよぶオークションの一環として現在購入が可能です。このオークションは250万ドルを集めることを目指したもので、この金額はライドですでに達成しています。すべての資金はWounded Warriors Canadaによる全国精神衛生プログラムおよびサービスをサポートしています。詳細やオークション参加についてはこちらをクリックしてください

Cervéloのデザインチームが細かい意匠をフレームセットにあしらいました。Wounded Warriors Canadaのモットー"Honour the Fallen, Help the Living(倒れたものを称え、帰還したものを助ける)"がトップチューブに、ハッシュタグ#INTHISTOGETHERがリアチェーンステー内部にあしらわれています。「WWCの使命はまさに英雄的で、どんな小さいことでもサポートできることはチームにとって大変名誉なことです」とCervéloのGlobal Graphic Design Manager、Tom Briggsは語っています。

フレームは、ブラックからパールグリーン、カモフラージュへ変化する3色で、Tomによると退役軍人による戦いのトラウマからの回復を連想させるデザインになっている。「私たちの目標は隠喩的にサイクリストを究極のエンデュランスロードバイクに乗せ、最終的に彼らがバイクを前進させる、というものでした。」

前に進む勢いは2019年にさらに積み重ねられる予定です。Wounded Warriors CanadaのBattlefield Bike RideはDデイ75周年を記念し、5月30日から6月6日までフランスに向かいます。詳細は こちらをクリックしてください。