Cunnama、ハンブルクで上位入賞

James CunnamaがCervélo P5Xで自己最高のバイクスプリットを叩き出して見事3位入賞。コナ大会への出場を決めました。
07/30/2018
Cunnama、ハンブルク

James CunnamaがCervélo P5Xで自己最高のバイクスプリットを叩き出して見事3位入賞。コナ大会への出場を決めました。

 2018年は遅いスタートを切ったJames。この大会までアイアンマン世界選手権への出場はまだ確定されていませんでしたが、やっと決めました。P5Xでレース最高かつ自己最高のバイクスプリット4:00:44を記録したため、マラソンスタートでは最前列チームを確保。水泳がキャンセルされたため6km追加されたマラソンで素晴らしい躍進を見せ、表彰台とコナ大会への出場権を獲得しました。

Jamesはレース後次のようにコメントしています。「今までで自己最高となるバイクスプリットタイムとNP/AVGパワーを出せて嬉しく思う。マラソンの走りがバイクの走りと比べていまいちだったけどね。次は南アフリカのアイアンマン70.3世界選手権、それからコナできっと決めてみせるよ。」

「やらなきゃいけないんじゃない、やる時が来たんだ。」

 

画像提供:ACTIV' IMAGES