WILDがITUワールドチャンピオンシップで銀メダル獲得

Reudi WildはITU世界ロングディスタンストライアスロン選手権での銀メダルを「私のトライアスロンのキャリアでもっとも輝かしい業績の一つで、最善の努力の一つ」と形容しました。
07/17/2018
WILD ITU

全力を尽くす。それ以上の何をアスリートに要求することができるでしょうか?この問いはWildがデンマークのフュン島で見せた心を打たれるような努力に要約することができます。

このレースの優勝者となったスペインのPablo Dapena Gonzalezから遅れて陸上に上がること2分以上でいたが、WildはCervélo P5Xであっという間にその差を縮めていきました。

スイス出身のReudiは6人の先頭集団にすぐ加わり、最後の40キロメートルで猛烈な勢いでトップに躍り出ました。「その瞬間から後戻りはできませんでした。」とReudi。「フィニッシュラインまであと3時間というところで、全力でペダルを踏む。のるかそるか、でした。」

T2で30秒のリードも30キロのランで持ちこたえることはできず、Gonzalezが5キロ地点付近で先頭になります。その一方で3人のランナーがReudiに追いつきました。その時のことを思い出して「道路に寝転がってしまいたかったくらいです。」とReudi。「ですが、ここは踏ん張りどころなのです。ですから、このまま頑張って、結果を受け入れることにしました。」

力尽きることなく、RuediはGonzalezを追い上げ、迫りくるMarko Albertを退け、トップから遅れること3分以内の5:22:13でフィニッシュしました。

「ワールドカップの表彰台のトップに上る方がいいに決まっていますが、私は全力を出し切りました。」とReudiはレース後にコメントしました。「レースで打ち勝たなければならないものが多いほど、その後の満足感は大きなものとなるのです。」