フランスのフォンロムーにある国立高地トレーニングキャンプセンターで3週間のトレーニングを終えた後、4:15:24という結果を「ハワイに向けて良い兆候」と表現した、CervéloのアスリートFrederik Van Lierdeは最後の5キロメートルで5位から2位に順位を上げ、心身共に強靭であることを証明しました。ハーフマラソン1:15:16はその日の最高記録。その前のスイムはトップ3に食い込み、極めてアグレッシブなバイクコースでは2:26:25を記録しました。


アイアンマン世界チャンピオンシップまで4週間を切り「自分の調子をはかるにはいつでもトレーニングよりレースの方が最適です」とこのベルギー出身の P5 / P5X サイクリストはコメントしました。

画像提供:​​​​​​​Avtiv' Images