Caroline Steffenが記録を塗り替えて2018年のレースに復活。3年間アイアンマンレースから遠ざかっていたSteffenが、アイアンマン・西オーストラリアで新記録を達成しました。より速く、よりパワフルな走りが期待される2019年の彼女に、ライバルたちも注目しています。 

先だって出場したアイアンマン70.3ダバオでは2位に終わりましたが、このレースは同じ母親としても友人であり、同時にライバルでもある Radka Kahlefeldtとの激しい戦いとなりました。先月ジーロングで接戦を繰り広げた2人にとって、このレースは2019年に入って2度目の対戦でした。前回のレースではXena(Caroline Steffenの愛称)が怪我のため力を存分に発揮できませんでしたが、今回はKalfheldtが最後の数キロをトップスピードで駆け抜けてXenaを引き離すまで、2人は白熱したレースを展開しました。 

Xenaは優勝こそ逃したものの、彼女のスピードがこれまでになく進化していることは明らかで、今年のコナに参戦する彼女を脅威と感じるライバルもいることでしょう。前回のコナでは2位だったXenaですが、ベテランの彼女は、選手としての道のりはまだ始まったばかりだと認識しています。

「結果は2位。でも私たちはまだビルドアップの最中。シーズンはまだまだこれから。」レース後、彼女はInstagramにこんなメッセージを投稿しています。 

最高33°Cにもなる暑さの中でこれだけのスピードを出せるXenaが、新しい スーパーバイク でハードなトレーニングを積んだ後、さらにどこまで進化するのか。その姿に期待しましょう。 

 

画像提供: @marv.sportsphotog / AsiaTRI.com