Haugのトリプルデビュー、ドバイで注目を集める

 

3位でスターとしたAnneは、 新しいP5X で、この日全選手中2番目に速く、昨年の自身のタイムを約2分上回る2:14:25を記録しました。この結果、Anneの順位はT2を前に2位に浮上。ドイツ出身のAnneがイギリスのHolly LawrenceとSarah Lewispを追い上げた末にタイトルを獲得した2018年からさらに順位を上げました。

2019年のレースも、すべてのスプリットタイムでリードするLawrenceにHaugが迫る同様の展開になるかと思われましたが、Anneの総合タイム4:01:42に対して2分弱の差でLawrenceが逃げ切りました。

他の選手から常に強力なライバルと目されているAnneですが、再び勝利を手にすることはできませんでした。レース後、Anneは次のように話しています。「なぜ勝てなかったのか分かりません。全力を出し切りましたが、2位に終わりました。負けるのは悔しいです。でもこれが、2か月間トレーニングした結果なのだと受け止めます。」

昨年アイアンマンレースとアイアンマンレース70.3で銅メダルを獲得したAnneは最近、2019年のレースにおける目標は「世界チャンピオンシップで昨年と違う色のメダルを取ること」と話しています。さらに、「全体的なパフォーマンスを上げること」とも。

彼女なら、これからもさらにパワーアップすることでしょう。