Cunnamaが
シーズン初レースで表彰台へ

「もし負けたとしても、その相手が仲間だったら、悔しさも少し軽くなる。」

James Cunnamaの優しさを感じるこの Instagramでの発言 は、Cervéloのアスリートである彼がアイアンマン70.3南アフリカ大会で、いつものようにトータルタイム3:56:26という素晴らしい記録を出した後に投稿したものです。スイムでタイムを縮めた後、JamesはP5Xで挑んだライドで2:17:43 を記録して入賞圏内に。そしてハーフマラソンで2位となる1:18:18を記録しましたが、同胞で仲間でもあるBradley Weissにわずかに及びませんでした。

「今日は3位のパフォーマンスだったけれど、今年のスタートとしてこの結果を受け入れます。」とJamesは話します。「次に向けてやるべきことはたくさんあります。」

最初のレースで表彰台入りを果たした彼のバイクが 共にできることもまた、多くあります。

 

画像クレジット:Korupt Vision