Cervéloアスリートとして「コナ大会への出場権」はSusieの2019年の「やることリスト」の上位に入っていたに違いありません。

そのリストが今整理されたことになります。アイアンマン南米選手権での2位という素晴らしい結果によって、このイギリス出身のP5Xライダーは、来年の10月12日にハワイのカイルア・コナで開催されるアイアンマン世界選手権への出場資格を勝ち取りました。

スイムを終えた時点で5位だったSusieは、 Cervélo P5Xでの4時間56分01秒の大疾走で2位に浮上。さらにマラソンで3時間00分03秒の種目別トップを記録し、最後はオーストラリアのSarah Crowleyとの差を3分にまで縮めて総合タイム8時間23分40秒でフィニッシュラインを切りました。

6月のKona 2018出場が決まったとき、SusieはTwitterに次のような書き込みをしています。「コナのホテルを予約...そのあと父に、父が初めて買った家と同じ金額だったと伝えました。お父さんありがとうね」

さて、これからしばらくは彼女にとってハワイでのお楽しみについて調べる時間。もちろん、来年最大のレースに向けてトレーニングにも集中しなければなりません。