トライアスロンでさらなる受賞、躍動の年の締めくくりに

トライアスロン

10月、英国を本拠地とするマガジン220 Triathlonがトップアスリート、コーチ、有名レース、ギアなどを対象に読者の人気投票を行いました。そして2か月後、2回投票を経てCervéloにもたらされたのが「バイク ブランド オブ ザ イヤー」。.”

“「Cervéloがアスリートの好きなブランドとして選ばれたことを光栄に思っています。220 Triathlon Awardにとっても、2019年の楽しみがひとつ増えました」とTriathlonのマーケティングマネージャー、Lesley Loughlinは語ります。

Konaで14年連続の快挙

Kona Bike Countで14年連続受賞を果たしたCervéloは、最も人気のバイクブランドとして他を圧倒しています。アイアンマン世界チャンピオンシップでは、161人のアスリートが無料のMyCervélo VIPサービスを利用して大舞台を前にバイクを点検・調整し、487 Cervéloスピードマシンがほぼ2対1で次点のブランドを上回りました。


P5Xがデザイン賞を受賞

今年初め、 Cervélo P5X、 - またの名を「究極のトライアスロンバイク」がRed Dot Design Awardを受賞し、また一つ新たな栄誉を獲得しました。1955年以来毎年実施されているこの国際的な賞には、数千件もの応募が寄せられます。その中で最も優れたデザインに、ドイツ、エッセンにあるRed Dot Design Museumで賞が授与されます。

Red Dotの審査員はP5Xを次のように評しています。「圧倒的に目を惹く流線型のコンパクトなデザイン。空気力学を追求したそのデザインにはすぐに目を奪われます。」

活躍するCervéloのアスリート

メディアの注目や業界賞の受賞は素晴らしいものですが、そのブランドのバイクが実際に優れた結果を出さなければ意味がありません。2018年のCervéloにとって、それはまったく問題になりませんでした。Cervéloがスポンサーを務めるプロのアスリートたちは、世界各地の6つのレースで勝利し、16回表彰台を飾りました。印象的な今年一年のハイライトをご紹介します。

XENAの復活劇:

第一子を出産後1年足らずで5回連続となる表彰台に上り、3連覇を果たしたスイスのCaroline "Xena" Steffen は、アイアンマン西オーストラリアでコース記録を塗り替えました。P5 P5X を愛用するXenaは、 3年以上ぶりとなるロングディスタンス・レースで優勝したことにより、2019年のアイアンマン世界チャンピオンシップ出場権を手にしました。


歴史を刻むFreddie:

アイアンマンフランスで5度目の優勝を果たし、有名レース歴代優勝者リストのトップに上り詰めたベルギーのFrederik van Lierde。その後彼は 初めて参加した ラルプデュエズ トライアスロンでも優勝。連続で偉業を成し遂げました。

世界に挑むWild

2018 ITUロングディスタンス・トライアスロン世界チャンピオンシップで 銀メダルに輝いた スイスのRuedi Wildは、その勝利について次のように話しています。「これまでのトライアスロンのキャリアで成し遂げた最高の成果の一つです...すべての力を出し切りました。」

Susie、やっとのベスト:

イギリスのSusie Cheethamがアイアンマン南米選手権を2位でフィニッシュ。 2019年アイアンマン世界選手権への切符を手にしました。


Cunnamaが復活:

育児休暇、そしてマウンテンバイク事故での肋骨骨折から数か月。南アフリカのJames Cunnamaが アイアンマン ハンブルクで3位入りし、 P5X で自己最高のバイクスプリットを記録しました。